【中京記念】1F延長大丈夫!落ち着き出たトウショウピスト

[ 2017年7月18日 05:30 ]

 オープン昇級後、1200メートルで苦戦を強いられたトウショウピストは距離を1F延ばして前走・安土城Sへ。道中2番手から2着に踏ん張った。柴原助手は「前走は速いペースで、よく頑張ってくれました。あの競馬がきっかけになりそう」と収穫を口にする。

 さらに1F延長で久しぶりのマイル。「落ち着きが出たことで無駄に体力を使うことがなくなりました。もまれると良くないので理想はハナ。状態は変わりないですよ」と期待していた。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2017年7月18日のニュース