ネオリアリズムは札幌記念から始動 鞍上は引き続きモレイラ

[ 2017年7月11日 05:30 ]

 今年4月のクイーンエリザベス2世CでG1初制覇を果たしたネオリアリズム(牡6=堀)が、連覇の懸かる札幌記念(8月20日、札幌)で始動することが分かった。クイーンエリザベス2世Cに続いて“マジックマン”モレイラが手綱を取る。

 (株)キャロットクラブ取締役の秋田博章氏は「札幌記念で始動します」と明言。秋以降については、豪州G1のコックスプレート(10月28日、ムーニーバレー芝2040メートル)から招待されていることを明かした上で、「遠征するかどうかは未定。もちろん天皇賞・秋(同29日、東京)も選択肢の一つになります」と話していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年7月11日のニュース