【ラジオNIKKEI賞】ブリランテ産駒20頭目の挑戦で重賞初V

[ 2017年7月3日 05:30 ]

<福島11R・ラジオNIKKEI賞>石川を背に重賞初制覇を飾ったセダブリランテス(中央)。左は2着のウインガナドル、右は3着のロードリベラル
Photo By スポニチ

 セダブリランテスのラジオNIKKEI賞勝利は、ディープブリランテ産駒にとってのJRA重賞初制覇。延べ20頭目の挑戦だった。

 これまでの最高着順はディーパワンサの16年デイリー杯2歳S、同阪神JF、ジャストザマリンの17年フェアリーS、スズカゼの同ニュージーランドTでの4着。また、ラジオNIKKEI賞は春のG1不出走組が16年連続のVを決めた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2017年7月3日のニュース