【ラジオNIKKEI賞】セダブリランテス無傷V3に手応え

[ 2017年6月27日 05:30 ]

 夏の福島開幕週のメインは「第66回ラジオNIKKEI賞」。注目は休養を挟んでデビュー2連勝中のセダブリランテス。前走の早苗賞は5カ月余ぶりで初芝と楽な条件ではなかったが、1番人気に応えて危なげなく抜け出す横綱相撲を披露。手塚師は「元々、芝の方がいいと思っていたからね」と順当勝ちを強調する。

 半兄は同厩舎で現在オープンのモンドインテロ(牡5)。指揮官は「兄より器用さがあり、小回りの福島も大丈夫。楽しみ」と、無傷V3での初タイトル奪取へ手応え十分だ。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年6月27日のニュース