【ユニコーンS】戦い終えて

[ 2017年6月19日 05:30 ]

 ▼4着サンオークランド(北村宏)後肢が緩くて踏ん張りが利かず、芝スタートでもたついたので切り替えてしまい勝負。最後はよく頑張っている。

 ▼5着タガノカトレア(菱田)かぶされないような競馬を心がけた。前が速かったので折り合いはつき、距離も問題なかった。

 ▼6着ウォーターマーズ(高倉)直線は長くいい脚を使ってくれた。まだまだ伸びしろがある。

 ▼7着同着アンティノウス(ルメール)今日はリラックスしていなかった。道中で行きたがり、その分最後で止まった感じ。

 ▼9着ラユロット(杉原)今日はスタートを出たが、道中がスムーズ過ぎた分切れなかったかも。

 ▼11着ブルベアバブーン(酒井)スタート後のもたつきは前走よりマシだったが、いざ追いだした時に2走前のようなグッとくる感じがなかった。

 ▼12着トラネコ(吉田豊)もっと脚を使うと思ったが、いきなりこのスピードは厳しかった感じ。

 ▼13着サヴィ(藤岡佑)直線で一度反応したが、最後は止まった。この距離は若干長いのかな。

 ▼15着シゲルコング(木幡巧)行けたことは収穫だが、2番手くらいで競馬をする方がいいかも。

 ▼16着テイエムヒッタマゲ(田中健)距離が長い感じもあるし、今日はメンバーも強かった。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2017年6月19日のニュース