【ユニコーンS】雄叫びを上げる伏兵2騎…高配の使者は「TM」

[ 2017年6月14日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=13日】3歳ダート路線は波乱含みだとオサムは思うのだ。ユニコーンSへの前哨戦となる青竜Sは人気馬総崩れで3連単で28万円の大荒れ。続く鳳雛Sに至っては10頭立ての最下位、ブービー人気がワンツーする“あり得ない”結果。今回はNHKマイルCで2着したリエノテソーロやUAEダービーに挑戦したアディラートといった“大駒”はいるが、どこか危うさを感じずにはいられない。

 それに呼応するように伏兵陣が雄叫びを上げている。例えば9番人気で昇竜Sを逃げ切ったテイエムヒッタマゲ。「ゲートがうまくてハナに行くスピードがあるが、抑えても競馬はできる。ここでも」と福島師は不敵な笑み。再度“ヒッタマゲ(鹿児島弁で驚いた)”となるかも。

 さらにもう1頭のテイエム陣営からも強気の声が聞こえてきた。テイエムアンムートに柴田光師は「尻尾を振ったり、気の悪い面はあるけど長くいい脚が使える。砂をかぶっても平気。ハマる可能性も」と色気たっぷり。高配の使者はTMの2騎だと予言しておく。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2017年6月14日のニュース