【マーメイドS】マキシマムドパリが重賞2勝目!藤岡佑は4年ぶり重賞勝ち

[ 2017年6月11日 15:46 ]

<マーメイドS>藤岡佑騎手を背に、クインズミラーグロ(右から2頭目)をかわすマキシマムドパリ(左)
Photo By スポニチ

 「第22回マーメイドステークス」(G3、芝2000メートル)が11日、阪神競馬場11Rで行われ、藤岡佑介騎手騎乗の3番人気・マキシマムドパリ(牝5=松元厩舎、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ)が勝利した。3/4馬身差の2着にクインズミラーグロ、3着にはアースライズが入った。

 マキシマムドパリは逃げたプリメラアスール、ショウナンバーキンを見る先行集団からの競馬。第3コーナーから外を通って進出を開始し、直線半ばで先頭に立ちそのまま押し切った。

 勝ったマキシマムドパリは1月の愛知杯(G3)に続いて重賞2勝目。鞍上の藤岡佑は13年根岸S(メイショウマシュウ)以来4年ぶりの重賞制覇となった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2017年6月11日のニュース