【安田記念】ビューティー 独自手法で自信「力出せる状態」

[ 2017年6月2日 05:30 ]

<安田記念>芝コースで追い切るビューティーオンリー
Photo By スポニチ

 日本馬3頭が出走した昨年の香港マイル覇者ビューティーオンリーは初の日本参戦。芝コースの追い切りはゲートから出して14秒2―11秒2―10秒8―11秒9―12秒5。序盤ハイラップを刻み、直線は流してゴールした。ブリッシュラックで06年安田記念を制したクルーズ師は「馬をピリッとさせるための手法で、ブリッシュの時と同じ。この1本で力を出せる状態になる」と満足顔。東京コースについては「硬い馬場は合っていると信じて連れてきた」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年6月2日のニュース