【NHKマイルC】戦い終えて

[ 2017年5月8日 05:30 ]

 ▼4着レッドアンシェル(福永)伸びてはいるが、前も止まらない。差し馬にはつらい馬場だった。

 ▼5着オールザゴー(内田)速い時計の決着でも頑張った。馬群の中で落ち着いていたし、大人になってきた。

 ▼6着タイムトリップ(戸崎)道中はいい感じだった。切れると思ったが、距離かな…。

 ▼7着ミスエルテ(川田)初の東京コースでレース前にテンションが高くなりすぎて…。

 ▼8着トラスト(柴田大)いったん抜かれた馬を差し返したが…。

 ▼9着モンドキャンノ(ルメール)道中リラックスして走っていたが、直線で反応がなかった。なぜなのか、分からない。

 ▼10着ディバインコード(柴田善)スタートでつんのめってしまった。少し硬さもあった。

 ▼11着プラチナヴォイス(石川)右へササる面はなかったが、追走でいっぱいになった。マイルは少し短いかも。

 ▼12着ジョーストリクトリ(武豊)時計の速すぎるレースではつらい。

 ▼13着アウトライアーズ(田辺)直線で進路はあったが、手応えがなくなってしまって…。

 ▼14着キョウヘイ(高倉)レース前にイレ込んで消耗してしまった。全く走っていない。

 ▼15着タイセイスターリー(北村宏)モタれる面はなかったが、体を起こしたまま走っていた。ギアが入らなかった。

 ▼16着ナイトバナレット(藤岡祐)この時計と上がりでは厳しかった。

 ▼18着ガンサリュート(池添)勝ち馬の後ろを手応え良く追走した。体が緩くて、追いだしたらフォームがバラバラになってしまった。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年5月8日のニュース