【新潟大賞典】府中実績あるメートルダールは「直線が長い新潟なら」

[ 2017年5月4日 05:30 ]

 日曜新潟メイン「新潟大賞典」の追い切りが東西トレセンで行われた。アメジストS快勝で待望のオープン入りしたメートルダールは、Wコース単走で6F80秒9〜1F13秒3を計時。序盤はリラックスした雰囲気。手綱を緩められると、スッと伸びて力強いフットワークを披露した。

 「最後まで集中していた。古馬になり体が成長。スタートが出られるようになったし、決め手もしっかりしてきた」と石井助手。「東京で良績があるので直線が長い新潟なら」と期待を寄せた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年5月4日のニュース