PR:

【天皇賞・春】サトノダイヤモンドに距離不安?「3200はやってみないと」

 春の天皇賞で重賞5連勝を狙うサトノダイヤモンド(牡4=池江)は火曜朝坂路を馬なりで流し(4F65秒1〜1F15秒6)、きょうの最終追い切りに備えた。

 動きを確認した池江師は「前走(阪神大賞典)が思ってた以上に仕上がっていたので現状維持でいいでしょう。明日は半マイル(CWコースの4F追い)で」と軽めの調整を示唆した。最終追い切りにはルメールが騎乗し、感触を確かめる予定だ。順調さは間違いないが、距離に関しては一抹の不安も。「3000メートルは大丈夫でも3200メートルはやってみないと分からない。長距離は得意ではない。ベストは2000メートルから2400メートル」と公言し、あえて強気を封印した。 天皇賞・春

[ 2017年4月25日 14:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:05月27日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース