【阪神牝馬S】メイショウマンボ14着…引退、繁殖入りへ

[ 2017年4月8日 16:32 ]

 G1・3勝の実力牝馬メイショウマンボ(牝7=飯田祐)は後方待機のまま伸び切れず、ラストランは14着に敗れた。

 今後は生まれ故郷の北海道・高昭牧場で繁殖入りする。

 レース後、馬の様子をチェックした飯田祐は「馬場が悪かったので心配したけど、大丈夫そう。無事に上がってきてくれて良かった」と安どの表情。続けて「ひとまず、ありがとう、お疲れさまと言ってあげたい」とねぎらった。来週中にも北海道に移動する予定。通算31戦6勝。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2017年4月8日のニュース