【大阪杯】アンビシャス、連覇&G1初制覇に向けて叩いて上積み

[ 2017年3月30日 05:30 ]

福永を背に併せ馬で追い切られるアンビシャス
Photo By 提供写真

 アンビシャスは新コンビの福永を背に坂路へ。アードラー(3歳500万)と馬体を併せて4F51秒6〜1F12秒8と出色の時計を出した。しっかりとした脚取りで併入フィニッシュ。感触を確かめた鞍上は「いつもこんな感じみたい。体調はそう変わらない。流れに乗れればチャンスはありそう」と話した。

 中山記念からここへ向かうローテは昨年と同じ。今年は連覇&G1初制覇が懸かる。今回も休み明けをひと叩きして上積みが見込めそう。「追い切りは後ろから追い掛けていい動き。ただ、この馬は展開の助けが必要ですからね」と音無師。動きに関しては好ジャッジを付けた。近3走は後方からの競馬。ここもタメる算段か。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年3月30日のニュース