【中山記念】1番人気アンビシャスは4着「もう少し流れてくれ…と願っていたけど」

[ 2017年2月26日 17:12 ]

 後方から末脚に懸けた1番人気アンビシャス(牡5=音無)はメンバー最速タイ3F33秒8を駆使したが4着止まり。ルメールは「中山でペースが遅くなると、後ろから行く馬は難しい。状態は悪くなかったし、しまいは伸びている」と超スローを嘆いた。

 今後は予定通り、今年からG1に昇格した大阪杯へ。ルメールはマカヒキに騎乗予定。音無師は「もう少し流れてくれ…と願っていたけど。大阪杯の騎手は調整中です」とG1舞台での前進を見据えた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2017年2月26日のニュース