【水仙賞】イブキ逃げ切る 田辺「馬にプレッシャーかけず走れた」

[ 2017年2月26日 05:30 ]

 3歳500万下の中山9R・水仙賞は、4番人気のイブキが逃げ切りV。好スタートを決めると、序盤の併走から2角で単騎逃げの形に持ち込み、レースの主導権を握ると、直線ではサトノクロニクルの猛追を半馬身差でしのいだ。

 「(ハナを)主張する馬がいなかったので前へ。馬にプレッシャーをかけずに走れた」と騎乗した田辺。次走は青葉賞(4月29日、東京)を予定。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2017年2月26日のニュース