【阪急杯】藤沢和師“渋味”増したロサギガンティアの奮起に期待

[ 2017年2月23日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=22日】豪華メンバーの中山記念に注目が集まるが、阪神日曜メインの阪急杯も見逃せない一戦。鳥谷越は、関東から遠征するロサギガンティアの最終追いを注視した。Wコースでレッドライジェル(5歳1600万)とデルカイザー(6歳1600万)を追走し、最内に併せて馬なりのまま併入。藤沢和師は乗り手たちからの報告を聞き終えると、群がる報道陣の方へ笑顔で歩み寄ってきた。

 「順調だよ。年が変わって、以前よりたくましくなった。日曜にまたやる」。日曜はレースでは?そう、上機嫌で切りだしたのは同時刻にチューリップ賞の1週前追い(Wコースで5F70秒0)を行ったソウルスターリングの話。昨年の2歳女王の順調な成長ぶりに表情は明るい。ロサについても「こっちは若くないから、渋くなってるな(笑い)。でも、動きは先週より軽くなった。前走(阪神C5着)は惜しい競馬。今回また頑張ってもらおう」。次週から始まるクラシックのトライアルに弾みをつけるべく、年長重賞ウイナーの奮起を期待していた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年2月23日のニュース