【ダイヤモンドS】追ってひと言

[ 2017年2月16日 05:30 ]

 ▼カフジプリンス(甲斐助手)動く馬と併せてしっかり動けていた。息の入りも良かったですよ。

 ▼キングルアウ(奥村豊師)いつも通りの調整。長所であるスタミナを生かせれば。

 ▼サムソンブプライド(杉浦師)元々、稽古駆けしないタイプ。感触は悪くない。距離も大丈夫。

 ▼トウシンモンステラ(村山師)状態は変わりない。うまくタメられれば。

 ▼トーセンレーヴ(池江師)併せた相手が動きすぎた。2週前と比べたら、だいぶ良くなっている。

 ▼ファタモルガーナ(佐藤助手)坂路で時計が出ないタイプだけど、この中間は動いている。

 ▼フェイムゲーム(北村宏)調教で動くタイプではないので(併走馬に)早めに並びかけた。

 ▼フェスティヴイェル(畠山師)中間も順調だし、追い切りもジワジワ伸びていた。

 ▼プレストウィック(武藤師)冬場でも体が柔らかくて、いい状態。

 ▼プロレタリアト(小島茂師)乗った感触では動きが少し良くなっていた。息遣いも悪くない。

 ▼ムスカテール(友道師)。毛ヅヤも良く、この馬なりに元気いっぱい。距離は大丈夫。

 ▼ラブラドライト(斉藤崇師)。予定通り上がりだけ。最後までしっかり動いていたし、いいんじゃないかな。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年2月16日のニュース