JRA 4歳馬に適用の降級廃止を検討、来年度からの意向

[ 2017年1月25日 05:30 ]

 JRAは4歳馬に適用される降級制度の廃止を検討していることが分かった。日本調教師会、日本馬主協会連合会など関係団体と協議を進め、来年から廃止したい考え。降級制度とは4歳馬の収得賞金を6月の夏番組(ダービーの翌週)から半額扱いにする仕組みで、頭打ちになった4歳馬が降級によって再度活躍できるメリットがある。その半面、4歳馬の降級で高額条件に格付けされる頭数が減り、高条件レースを組みにくいデメリットも指摘されている。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2017年1月25日のニュース