【日経新春杯】始動戦落とせぬミッキーロケット 瞬発力は非凡

[ 2017年1月12日 05:30 ]

和田が乗り、坂路で併せで追い切られたミッキーロケット(右)
Photo By スポニチ

 菊花賞5着からの巻き返しを誓うミッキーロケットは、和田が騎乗して坂路コースで追い切った。先行するレッドラウダ(4歳オープン)に馬体を併せクビ差先着。4F52秒3。ラスト2F11秒8→12秒3の瞬発力。「先週太かったから、今日もしっかりやったけど素軽くなってる。内にモタれていたからハミもリングに替えたが、いい感じで走ってた。軽くなってる。やれば良くなる馬だからね」と和田。

 昨秋の神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドと首差の首位争いを演じた実績馬。「神戸新聞杯は出来が良すぎた感じ。それと比べると菊花賞は内にモタれたり掛かったり、しんどいところもあったのかなと。神戸新聞杯ぐらいの出来なら、一線級の馬を相手にしても勝負できると思う」と力強い。一線級は不在。菊花賞から有馬記念を連勝したライバルを思えば、絶対に“落とせない”17年の始動戦だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年1月12日のニュース