【日経新春杯】真価問われるカフジプリンスは「九分以上の出来」

[ 2017年1月12日 05:30 ]

 グレイトフルS快勝で弾みを付けたカフジプリンスが再び重賞獲りに挑む。坂路の最終追い切りは4歳500万オールドクラシックと併せ、4F51秒0〜1F12秒6の猛時計で、これを置き去りに。

 矢作師は「先週が軽かったので今日はしっかり。前走は七分程度の出来。それでも準オープンなら勝たなければならないと思っていた。今回は九分以上まで上がっている」と腕をぶす。菊花賞は3番人気8着。完全復調となったここで改めて真価を問う。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年1月12日のニュース