【愛知杯】連勝中クリノラホール元気いっぱい「体できている」

[ 2017年1月12日 05:30 ]

坂路で追い切られたクリノラホール
Photo By 提供写真

 連勝中の勢いに乗って重賞へ。愛知杯に出走するクリノラホール(牝4=谷)は調教役の木村助手を背に坂路単走で元気いっぱい。道中は軽快にラップを刻んで4F53秒2、ラスト12秒5で真っすぐ伸びてゴールへ。森井厩務員は「去年の夏に小倉で使う前から、ずっと厩舎にいるし、もう体はできている。今朝は調整程度。順調に来ているよ。先週追い切ってからスイッチが入ったし、後はいかにテンションを上げないようにするか」と状態の良さを伝えた。

 昨秋に新潟で500万を勝ち上がると1000万、準オープンと特別3連勝で条件クラスを卒業。完全に軌道に乗った。「勝ち出した頃と比べて特に動きが変わったわけじゃないけど結果が伴っているし、力をつけているんだろうね。食べたものが実になって筋肉がついてきた」と充実ぶりをアピール。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年1月12日のニュース