【京成杯】唯一の2勝馬アダムバローズ 角田師は控える競馬示唆

[ 2017年1月12日 05:30 ]

 唯一の2勝馬アダムバローズが存在感を示せるか。重賞初挑戦の前走京都2歳Sは番手でリズムを崩して10着。角田師は「ハナを主張しようと思ったら内から来られて力んだ。緩さは抜けてきたけど、もう少し落ち着きが欲しいね」と苦笑いを浮かべる。

 最終追いは坂路で4F54秒4〜12秒4。「先週もやっているし、これぐらいで十分。今回は前に馬を置いた方がいいかもしれない」と控える競馬を示唆した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2017年1月12日のニュース