【阪神C】イスラボニータ、素軽く鋭伸 栗田博師も納得の表情

[ 2016年12月22日 05:30 ]

 マイルCS2着のイスラボニータはWコースで5F68秒8〜1F12秒2。直線は内を鋭く伸び、大きく先行したテンプルツリー(3歳500万)に2馬身先着した。

 栗田博師は「素軽い動き。前回も良かったが、今回もまた良かった」と納得の表情。初の1400メートル戦にも「スピードがあるので距離は気にしていない」と手応えを示した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年12月22日のニュース