【府中牝馬S】クイーンズリングが直線抜け出し快勝!3度目重賞V

[ 2016年10月15日 15:49 ]

<府中牝馬S>レースを制したクイーンズリング(右・13番)。2着のマジックタイム(左・1番)
Photo By スポニチ

 「第64回府中牝馬S」(G2、芝1800メートル・晴・良)は15日、東京競馬場11Rで行われ、Mデムーロ騎手騎乗の3番人気、クイーンズリング(牝4=吉村厩舎、父マンハッタンカフェ、母アクアリング)が直線で抜け出し快勝。勝ちタイムは1分46秒6。

 3番手付近に位置を取ってレースを進めたクイーンズリングは、最後の直線で先頭に浮上。マジックタイム、スマートレイアーの追撃を振り切って1着でゴールした

 1馬身1/2差の2着がマジックタイム。そこから1/2馬身差の3着がスマートレイアーだった。

 クイーンズリングは通算3度目の重賞制覇。通算戦績は12戦5勝。

続きを表示

この記事のフォト

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2016年10月15日のニュース