【秋華賞】力付いたデンコウアンジュ 切れ味生きるのは良馬場か

[ 2016年10月14日 05:30 ]

ポリトラックを単走で追い切るデンコウアンジュ
Photo By スポニチ

 デンコウアンジュが好調をアピールした。最終追いはポリトラックコースで単走。5F64秒9~1F11秒4と切れ味を披露した。

 佐藤助手は「ゴール前だけ追いました。上々の反応で、思った通り。雰囲気は前走と変わらないけど、力が付いてきてます」と成長を感じ取っていた。前走は重い馬場でも外から脚を伸ばして4着。「軽さが武器」と話すだけに、良馬場ならもっと切れそうな雰囲気だ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年10月14日のニュース