【府中牝馬S】2連勝中アスカビレン 気性面成長「落ち着きが出てきた」

[ 2016年10月14日 05:30 ]

追い切られたアスカビレンは坂路を軽快に駆け抜ける
Photo By 提供写真

 三木特別、博多Sと条件戦2連勝でオープン入りを決めたアスカビレンは坂路単走。力のいる馬場で4F55秒2~1F12秒8としまいしっかり伸びてきた。

 中尾師は「順調に来ているよ」と第一声。少し間は空いたが仕上がりは良好だ。「以前と比べると落ち着きが出てイレ込まなくなった。前走は小倉に行っても大丈夫だったからね。前走はよく前をつかまえてくれた。今回もしまいの脚を生かしたい」とイメージしていた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年10月14日のニュース