【秋華賞】フロンテアクイーン状態良好!栗東でも好時計マーク

[ 2016年10月14日 05:30 ]

CW、3頭併せで追い切られたフロンテアクイーン(右)は軽快な走りで先着する
Photo By スポニチ

 7日から栗東滞在中のフロンテアクイーンはCWコース併走で最終追い。先行するアドマイヤプリヴ(2歳新馬)を楽々とかわすと、追ってきたアドマイヤキズナ(3歳1000万)をしのいでフィニッシュ。終始馬なりで6F83秒3~1F12秒8を刻んだ。椎本助手は「時計は予定より速くなったけど、楽に動けていた。状態いいですね」と満面の笑み。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年10月14日のニュース