【秋華賞】エンジェルフェイス、素軽い脚さばき 淀で巻き返しに期待

[ 2016年10月14日 05:30 ]

軽快な動きを見せたエンジェルフェイス
Photo By スポニチ

 エンジェルフェイスは開門直後のCWコースに登場した。単走で6F83秒5~1F12秒3。素軽いフットワークが目についた。

 騎乗した浜中は「休み明けを一度使って状態は上がっている。先行力があるし、京都の2000メートルも向いていると思います」と話した。前走は前々で競馬を運んだが、直線で失速。外枠も影響した印象だ。舞台替わりで巻き返しに期待が持てる。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年10月14日のニュース