【秋華賞】穴党必見パーシーズベスト ルメール「反応が良かった」

[ 2016年10月14日 05:30 ]

ルメール騎手が乗り、坂路で併せ馬に先着するパーシーズベスト(手前)
Photo By 提供写真

 抽選を突破したパーシーズベストは2戦目以来のコンビとなるルメールを背に坂路で追い切られた。サンライズワールド(6歳1000万)との併せ馬で1馬身先着。4F53秒8~1F13秒2の時計を出した。

 ルメールは「状態の良さは感じた。反応が良かったし、乗りやすかったですね」とジャッジした。上積みがあれば、穴党のハートを大いにくすぐる存在となる。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年10月14日のニュース