【京都大賞典】サウンズオブアース、納得の動き ミルコも好感触

[ 2016年10月7日 05:30 ]

<京都大賞典>M・デムーロ騎手を背にエジステンツァ(左)を追うサウンズオブアース
Photo By スポニチ

 サウンズオブアースは昨年有馬記念(2着)以来のコンビとなるM・デムーロ騎乗で、CWコースで長めから馬なりで追われた。ラストでエジステンツァ(2歳未勝利)をスッとパスして6F81秒6~1F12秒0。藤岡師は「予定通り。ここ2週で(状態が)上がってきた。今後のこともあるので、悪い状態では出したくない。いい時計も出ましたからね」と納得顔。

 M・デムーロも「いい追い切りでした。掛かる面は気にしたけど、折り合いは良かった。落ち着きがあったし、反応も良かった」と好感触。先週、秋のG1開幕戦スプリンターズSを制したばかり。いま最も勢いのある鞍上が重賞初Vへエスコートする。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年10月7日のニュース