×

【凱旋門賞】<小田記者の予想>ファウンド、ムーアの手綱込みで勝負

[ 2016年10月2日 14:16 ]

 JRA発売は日本国内独自のオッズ。海外主要ブックメーカーで単勝6~7倍のマカヒキは応援票が確実に入って僕の推定オッズは2~3倍(2日正午の時点ではマカヒキが国内発売で単勝1・9倍)。実績上位のポストポンドはドバイシーマクラシックでドゥラメンテに完勝した“アナウンス効果”もあり、こちらも2~3倍。馬券の妙味は、必然的に人気2頭以外に。

 (10)ファウンドは凱旋門賞で強い牝馬。偶然にもレッツゴードンキと同じ4歳牝馬だ。通算成績【51021】の勝ち味の遅さもあり、オッズも6~8倍台で買い頃!?ただ前走の愛チャンピオンS(2着)の勝ち馬アルマンゾル(回避)はブックメーカーが6~7倍に一時設定したように価値は高い。鞍上のムーアはワークフォースで馬群から一瞬で抜け出した10年凱旋門賞Vが鮮烈。鞍上の手腕込みで勝負。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2016年10月2日のニュース