×

【中山4R新馬戦】メダーリアフレイム4馬身差完勝 デムーロ「凄く伸びた」

[ 2016年10月2日 12:08 ]

 ダート1200メートルで行われた中山4R新馬戦は、1番人気メダーリアフレイム(牡=伊藤圭、父メダグリアドー)が好位から力強く抜け出して後続を4馬身突き放す完勝。

 M・デムーロは「凄くまじめで競馬が上手。ペースが遅かったが、直線で凄く伸びてくれた」と称賛の言葉を並べた。伊藤圭師は「調教で追って伸びるのは分かっていたが、その通りの競馬をしてくれた」と振り返っていた。次走は未定だが、ダートの短距離路線を歩む。
【レース結果】

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2016年10月2日のニュース