×

【シリウスS】マスクゾロ行ったもん勝ち!3連勝で重賞初制覇

[ 2016年10月2日 05:30 ]

<阪神11R・シリウスS>ピオネロ(中央)とアポロケンタッキー(手前)に迫られるも逃げ切ったマスクゾロ

 中距離ダート路線で飛躍を期すメンバーがそろった「第20回シリウスS」は1番人気マスクゾロが直線の攻防でしぶとさを発揮して逃げ切り勝ち。充実期を迎えた5歳馬が3連勝で重賞ウイナーの仲間入りを果たした。これで4回中山&阪神の重賞は1番人気が9戦全勝となった。

 最内スタートから先手を奪ったマスクゾロはリズム良くラップを刻んで直線へ。ゴール前は外からピオネロ、アポロケンタッキーが猛追。タイム差なしの接戦を首差制した。昨年の小倉大賞典(カレンブラックヒル)以来、約1年7カ月ぶりの重賞制覇となった秋山は「芝スタートで滑るような感じで勢いがつきにくかったけどハナを切ってからは楽でした。接戦になったけど、よく頑張ってくれた」と安どの笑み。

 若い頃に痛めた左前脚に不安を抱え、プール調教が欠かせない。脚元に負担がかかるのを避けながら筋力と心肺機能を高めてきた。思うように使い込めず、これが14戦目。岡田師は「脚元をケアしつつ、ようやくMAXで走れるようになった」と称えた。今後については「レース後、脚元を気にしていたし、リラックスさせて状態を見ながら」と師。まずは激戦の疲れを癒やして次の戦いに備えていく。

 ◆マスクゾロ 父ローマンルーラー 母サラヴァティ(母の父ジャイアンツコーズウェイ)牡5歳 栗東・岡田厩舎所属 馬主・門野重雄氏 生産者・米国アンドレ・リンチ、ダーモット・ライアン、デビッド・オローリン&ペタルマブラッドストック 戦績14戦7勝 総獲得賞金1億3050万7000円。
【レース結果】

続きを表示

この記事のフォト

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年10月2日のニュース