×

【シリウスS】ピオネロ悔しい首差2着 福永「不利響いた」

[ 2016年10月2日 05:30 ]

 ダート重賞初挑戦のピオネロは2着。2番手からリズム良く運ぶも、直線二枚腰の勝ち馬に首差及ばなかった。

 「スタートも上手に出たし、勝ち馬の後ろで流れに乗れた」と福永。ゴール前はマスクゾロが外にヨレて進路が狭まった。「ジリジリと伸びてきたところだったので…。不利も響いた」と悔しさをにじませた。
【レース結果】

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2016年10月2日のニュース