【古馬次走】デニムアンドルビーは府中牝馬Sで復帰

[ 2016年9月22日 05:30 ]

 昨年の宝塚記念2着後、右前脚の浅屈腱炎で休養していたデニムアンドルビー(牝6=角居)は府中牝馬S(10月15日、東京)で復帰する。

 新潟記念3着ロンギングダンサー(牡7=勢司)、安田記念6着ディサイファ(牡7=小島太)は毎日王冠(10月9日、東京)を視野。

 札幌記念7着ダービーフィズ(牡6=小島太)はアイルランドT(10月16日、東京)。

 セントウルS8着エイシンブルズアイ(牡5=野中)、仲秋S1着ブラヴィッシモ(牡4=須貝)はスワンS(10月29日、京都)。

 佐世保S1着アンナミルト(牝5=小崎)はオパールS(10月9日、京都)。

 レディスプレリュード2着ホワイトフーガ(牝4=高木)はJBCレディスクラシック(11月3日、川崎)。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2016年9月22日のニュース