【セントライト記念】ゼーヴィント粘って2着、戸崎「安定感出てきた」

[ 2016年9月18日 16:57 ]

<第70回セントライト記念>レースを制したディーマジェスティ(左から2頭目・青帽・4番)、2着のゼーヴィント(左端・橙帽・10番)

 ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ゼーヴィントが食い下がってディーマジェスティに首差の2着。戸崎はこれでJRA重賞騎乗機会10連続連対。「最後までよく走ってくれた。ゲートを速く出たので自然と前めにつけたけど、どんな競馬でもできる安定感が出てきた」とパートナーの成長を褒めた。

 木村師は「うちの馬もよく頑張っているが、勝った馬は凄いです」と脱帽。権利を獲った菊花賞(10月23日、京都)への出否については「馬の様子を見てから決めたい」と明言しなかった。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年9月18日のニュース