【紫苑S】ヴィブロス坂路流し上々 安田助手「いい動き」

[ 2016年9月8日 05:30 ]

 前走500万下を4馬身差で圧勝したヴィブロスが、前哨戦を勝っての秋華賞参戦を狙う。最終追いは坂路を流す程度で4F53秒7~1F12秒6。安田助手は「もう少し遅くても良かったけど、楽に走ってました。いつも通り、いい動き」と満面笑み。

 前走馬体重が414キロの軽量馬。「食べてるけど増えません」と苦笑いを浮かべつつ、「確実に実になっているし、フォームもダイナミックになってきた」と成長をアピール。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年9月8日のニュース