【小倉記念傾向】傾向と対策

[ 2016年8月7日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気が0勝とハンデ戦らしく波乱の傾向。7勝を3~6番人気の馬が挙げている。09年は16番人気の馬がV。

 ☆年齢 3歳【0・2・0・1】、4歳【3・2・0・16】、5歳【5・2・8・33】、6歳【0・3・2・34】、7歳以上【2・1・0・37】。4、5歳馬が中心。

 ☆ハンデ 55~56キロの馬が勝率(10・5%)トップ。また57キロ以上の馬が3着内率(29%)首位と重量の重い馬の活躍が目立つ。

 結論 ◎サトノラーゼン ○ベルーフ ▲アングライフェン

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2016年8月7日のニュース