【函館2歳S】戦い終えて

[ 2016年7月25日 05:30 ]

 ▼4着メローブリーズ(古川)2着馬のポジションが理想だった。それでも真面目な気性と能力でしっかり脚を使ってくれた。

 ▼6着バリンジャー(浜中)ゲートで隣の馬が暴れてそれを気にして出遅れた。最後はよく詰めている。

 ▼7着ロイヤルメジャー(加藤)もう少し前の位置で競馬できれば…。4コーナーでスムーズさも欠いた。

 ▼8着ガーシュウィン(勝浦)うまくコントロールできなかった。残念です。

 ▼9着バンドオンザラン(桑村)芝でもうまく走ってくれた。距離はもっとあった方がいい。

 ▼10着ネコワールド(吉田隼)芝のスピード競馬は厳しかった。

 ▼11着フクノクオリア(横山和)この距離は忙しい。

 ▼12着ザベストエバー(石川)自分の競馬はできたがプレッシャーがきつかった。

 ▼13着ポッドジーニー(松岡)連闘で目に見えない疲れがあったかな。

 ▼14着ラッシュアウト(原田)カリカリして力んで走っていた。

 ▼15着ラーナアズーラ(柴山)外枠もあって思いのほか、進んでいかない。直線も狭くなった。

 ▼16着ピンクドッグウッド(宮崎)ササってまっすぐ走れなかった。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年7月25日のニュース