【プロキオンS】戦い終えて

[ 2016年7月11日 05:30 ]

 ▼2着ニシケンモノノフ(庄野師)道中は自分のリズムで運べた。ペースが速かったし、前が止まるかと思ったけど勝ち馬は強かった。これで負けたら仕方ない。

 ▼3着キングズガード(川田)初めての重賞で、これだけ頑張ってくれました。最後はいい脚でした。

 ▼4着ブライトライン(石橋)イメージ通りのポジションを取れました。追ってから手前を替えなくて左にモタれた感じ。それでも頑張ってくれました。

 ▼5着グレープブランデー(和田)もう少しハミをかむかと思ったけど道中は促しながら。最後はジリジリ伸びてくれた。

 ▼6着ダノングッド(丸田)外から勝ち馬に来られたときにひるんでしまいました。最後は盛り返してくれたんですが…。

 ▼7着カフジテイク(幸)外に出してからよく伸びてくれたけど、外に出すまでハミが掛からず。前も止まらなかったので…。

 ▼8着ワンダーコロアール(福永)スーッと行けたけどラスト100メートルで止まってしまいました。

 ▼9着キクノストーム(国分恭)馬群に突っ込むと嫌気を差すので外へ。伸びてはいるんですけど、もう少し縦長の展開になってほしかった。

 ▼10着マルカフリート(秋山)若いときからいい馬だなと思っていたんです。10歳でも、まだまだ元気。久しぶりに乗せてもらえて良かった。

 ▼11着タガノトネール(松若)ゲートは出てくれたけど他馬が速くて、そこでひるんでしまって行き脚がつかなかった。

 ▼12着ワイドバッハ(武豊)走り自体は悪くなかったけど、きょうはブランクが長かったからね。

 ▼13着クラリティスカイ(ルメール)砂をかぶっても大丈夫だったけど千四だと忙しい。マイルとか千八の方が良さそう。

 ▼14着ムスカテール(藤岡康)1歩目は良かったけど二の脚がつかなくて…。忙しい感じでした。

 ▼15着ポメグラネイト(松山)枠が外だし、メンバーもそろっていたので。もう少し慣れてくれば。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2016年7月11日のニュース