キンググローリアス 30歳老衰で死す

[ 2016年7月3日 05:30 ]

 日本軽種馬協会静内種馬場で功労馬としてけい養されていたキンググローリアスが2日、老衰のため死んだ。

 30歳。米G1・2勝馬で、90年から日本で供用。10年に種牡馬を引退していた。98年ダービー2着馬ボールドエンペラー、重賞4勝馬ナムラコクオーなどを送り出した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年7月3日のニュース