【CBC賞】休養明けエイシンブルズアイ「追う度に反応良く…」

[ 2016年6月28日 14:48 ]

 エイシンブルズアイ(牡5=野中)は前走の高松宮記念で5着。後方勢には厳しい高速馬場を追い上げ、勝ち馬のビッグアーサーに0秒5差と見せ場を作った。「時計が速く前有利の流れだったが、外枠から最後は脚を使って頑張っていた」と川副助手。

 中間は放牧を挟みリフレッシュ。休養明けは【2001】と久々を苦にしない。「1カ月前に帰厩して最初は体に余裕がある感じだったが、追う度に反応が良くなってきた。体がドシッとして力強い走りをするので、坂のあるタフな中京は合っていると思う」と巻き返しへ力を込めた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2016年6月28日のニュース