【CBC賞】スノードラゴン重量克服が鍵“ひと雨あれば歓迎”

[ 2016年6月28日 05:30 ]

 スノードラゴンは14年スプリンターズSのG1優勝歴が光る。かきつばた記念5着、北海道スプリントC3着とダート2戦を使って参戦。高木師は「芝だけだと、重量的にレースが限られるのでダートを使ったがよく頑張っている」と分析。

 中京芝1200メートルは3走前の高松宮記念7着以来。「あの時は突然、馬場が速くなって…。梅雨時でひと雨あれば歓迎。ハンデは58キロまででお願い」と懇願していたが確定ハンデは58・5キロ。重量克服が鍵?

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2016年6月28日のニュース