【ラジオNIKKEI賞】キャプテンペリー 機動力福島向き

[ 2016年6月28日 05:30 ]

 前走・ニュージーランドT8着のキャプテンペリーは、小回り向きの先行力が武器。福島芝では2戦1勝、3着1回と結果も残している。

 岩戸師は「前走は後続の目標にされたし、展開的にも厳しかった。距離延長は問題ないし、福島向きの機動力がある。放牧を挟んだが、順調にきているので」と手応え。軽ハンデ54キロで魅力たっぷりだ。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2016年6月28日のニュース