【函館新馬戦】モンドキャンノ押し切った!「ギアの入り方が凄い」

[ 2016年6月20日 05:30 ]

好位から押し切ったモンドキャンノ

 函館5R新馬戦(芝1200メートル)は、1番人気のモンドキャンノ(牡=安田、父キンシャサノキセキ)が好位から押し切りV。先行集団で脚をためると、直線一気にはじけるセンスの良さが光った。

 戸崎は「走る気があって、いいフットワーク。まだ体に緩さはあるが、直線のギアの入り方が凄い」と乗り味の良さを絶賛。安田師は「まだ太め残りだったが、テンから強さを見せてくれた」と笑顔で振り返った。今後は放牧を挟んで函館2歳S(7月24日)を目指す。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年6月20日のニュース