【安田記念】フィエロ3着 7歳健闘!メンバー最速33秒5

[ 2016年6月6日 05:30 ]

2着に敗れた(8)モーリス(左手前)と3着の(10)フィエロ

 7歳のフィエロが上がり3Fメンバー最速の33秒5と鋭く伸びて3着。直線で各馬が外に進路を取ったため前が空かず、負傷のルメールの代役を務めた内田は「あんなにみんな外に来るとは…。最後の最後で外に出してからはいい伸びだったけど」と悔しがった。それでも安田記念3度目の出走で最高着順と地力健在をアピール。

 藤原英師は「秋は得意なホームだから頑張る」と過去2年2着のマイルCS(11月20日、京都)での雪辱を誓っていた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年6月6日のニュース