【日本ダービー】2着ダイヤモンド悲運落鉄“サトノ”の夢またかなわず

[ 2016年5月30日 05:30 ]

2着のサトノダイヤモンド

 ダービー制覇を最大の目標に掲げてきた2番人気サトノダイヤモンドは、悔やみ切れないアクシデントに泣いた。道中は中団をスムーズに追走し、直線に向いた時点で勝ち馬マカヒキとほぼ同じ位置。ラスト400メートルからピタリと体を併せた追い比べになったが、内のマカヒキにわずか約8センチ及ばずの2着だった。

 池江師は「非の打ちどころがない騎乗だった。とにかく左トモを落鉄したのが痛かった。はだしのような状態で直線あれだけ頑張ってくれたんだから…」と痛恨の表情。ルメールは「距離は全然大丈夫だった。最後はいい脚を使ったけど、結果を残せず残念です」と肩を落とした。

 素質の高さから常に注目を集めた逸材は、これで春クラシックは無冠に終わった。師は「秋以降は全くの未定だが、菊花賞だけでなく、凱旋門賞、天皇賞・秋もある。あらゆる選択肢を残しておこうと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年5月30日のニュース