【日本ダービー】戦い終えて

[ 2016年5月30日 05:30 ]

 ▼6着スマートオーディン(戸崎)もう少し後ろの位置でリラックスして走らせてあげたかった。しまいは伸びているし力は見せてくれた。

 ▼7着マウントロブソン(T・ベリー)スタートが出なくて、いい位置を取れなかった。距離は問題ない。

 ▼8着レインボーライン(福永)最後はしっかり伸びているし、内容は悪くない。この距離で走れれば今後の選択肢が広がった。

 ▼9着レッドエルディスト(四位)小細工なしで、じっくり脚を生かす競馬。ジリジリ伸びているし、まだまだ成長する。

 ▼10着プロディガルサン(田辺)切れ味勝負は分が悪いから、早めに動いたが他馬について来られた。後は直線で踏ん張ってくれと思ったが甘くなかった。

 ▼11着ロードクエスト(小島茂師)スタートで出ることを覚えてしまい想定よりも前の位置に。4角まで引っ張り通しだった。距離も2000メートルまでか。

 ▼12着アジュールローズ(ボウマン)ベストターンドアウト賞を獲ったように仕上がりは良かった。見えない疲れがあったかも。

 ▼13着ヴァンキッシュラン(内田)中団を楽に付いていけたが、追ってから伸びなかった。

 ▼14着アグネスフォルテ(松山)1角で不利があって力んでしまった。馬は頑張ってくれたが残念です。

 ▼15着イモータル(石川)内に入れたかったがコーナーで外を回らされた。徐々に上がっていく競馬を心掛けたが、最後は脚が上がった。

 ▼16着マイネルハニー(柴田大)折り合って上手に入っていたし納得の内容。距離的なものもある。

 ▼17着プロフェット(浜中)切れるタイプではないので前へ。リズムに乗って走ったが最後は疲れた。

 ▼18着ブレイブスマッシュ(横山典)いつもよりテンションが高く、本来の走りではなかった。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年5月30日のニュース