【東京2R】菜七子、自厩舎馬で初勝利「少しは恩返しできたかな」

[ 2016年5月28日 10:57 ]

 新人女性騎手の藤田菜七子(18)が土曜東京2R(ダート、1300メートル)のネイチャーポイントでJRA4勝目を挙げた。

 直線で鋭く伸び、先に抜け出したシングンガガをゴールで頭差とらえた。際どいゴール前のリプレー映像で菜七子が勝っているのが映し出されると場内から大きな歓声が上がった。所属する根本厩舎の管理馬では初勝利。

 ▼藤田菜七子の話 少しスムーズさは欠いたけど、しまいはしっかり伸びてくれました。最初は勝ったかどうか分からなくて、ターフビジョンを見て分かりました。先生の管理馬で勝てたのが本当にうれしい。先生、厩舎スタッフ、オーナーの方たちに少しは恩返しできたのかなと思います。

 ▼根本師の話 初騎乗で2着の馬。(ネイチャーポイントは)菜七子に合っているんだろう。一叩きしてからかと思っていたけど、よく伸びたね。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年5月28日のニュース