川崎競馬の境共同トレセンで火災、3歳牝馬オハルが焼死

[ 2016年5月27日 19:37 ]

 川崎競馬組合は27日、境共同トレーニングセンター(群馬県伊勢崎市)の認定厩舎で26日午後10時半ごろ、火事があり、川崎所属のオハル(牝3=福島)が焼死したと発表した。出火原因は不明。同馬は通算4戦2勝。9日の川崎3Rを勝っていた。10馬房を焼失したがオハルの他に馬はいなかった。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年5月27日のニュース